2006年01月12日

平成電電の再生計画案提出スケジュール

ソース ドリームテクノロジーズ発表資料(PDF)


把握している平成電電と被害者の現状は以下の通り
(間違った情報があったらコメントに記入してください)

■平成電電代理店(CHOKKA・電話石火など)
・被害名目:代理店手数料未払い
・被害額: 代理店規模による
・債権届出:受理
・その他: 債権届出書、債権額の算出は平成電電主導
 
■平成電電ADSLモデムオーナー
・被害名目:ADSLモデムのレンタル料の支払い滞り
・出資額: 500万/1口 200万の小口もあり
・債権届出:不要
・その他: なんらかの補償もしくは契約の継続が行われると思われる。また契約後レンタル料の支払いが行われていたので投資金全額が被害になるわけではない。既に元金分は戻っている投資家もいるが、一部しか支払われていない投資家もいる

■平成電話パートナーシステム 
・被害名目:出資金の返済ストップ
・出資額: 1000万/1口
・債権届出:契約書上不可
・その他:出資金の5割から7割が被害に爆弾

■匿名組合
・被害名目:出資金の返済滞り
・出資額: 100万/1口
・債権届出:弁護士や個人で届出を行うも不受理
・その他: 1口の額は上の被害者に劣るが、小口のため多数の参加者がおり、被害総額はダントツ  
posted by T太 at 13:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 平成電電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。