2005年10月14日

連鎖倒産の可能性は...

2005年10月4日 NIKKEINET
平成電電関連銘柄、軒並み下落
 3日に民事再生法の適用を申請した平成電電(東京・渋谷)が主要株主などとなっている上場企業は4日、軒並み株価を下げた。平成電電が発行済み株式の約40%を保有するドリームテクノロジーズは連日のストップ安。平成電電がやはり7%超を保有する才田組も7円安の140円で取引を終えた。

 「個人から機関投資家まで、今後の事業展開を懸念した売り物がかさんだ」(ネット証券の情報担当者)。2005年9月期の推定連結売上高の5割強を平成電電向けが占めるオープンループもストップ安だった。

 ネット技術支援のインターネット総合研究所は4日、子会社のIRIコミュニケーションズ(東京・新宿)が保有する約25億6000万円の売掛債権の回収が困難になったと発表した。業績への影響が判明次第、損失の引き当て処理をする予定。


ちょっと前の記事になってしまいますが
このままでは本当に連鎖倒産が起きるのではないでしょうか?
特にオープンループは平成電電への売り上げが5割というのには驚きです
オープンループのWEBサイトによると
3. 当該債務者に対する債権の種類及び金額
単独決算における売上債権(概算)   約1,000百万円
連結決算における売上債権(概算) 約1,600百万円


(注) 連結決算と単独決算における売上債権の差額は、当社連結子会社である株式会社ヒューマンアウトソーシングが保有する同社への売上債権(概算額)であります。

つまり、オープンループ本体で10億
子会社のヒューマンアウトソーシングが6億という意味ですよね?
ヒューマンアウトソーシングのWEBサイトには
主要取引先 平成電電株式会社
とあります
おそらく平成電電のコールセンタースタッフはここから来ているのでしょう
このコールセンターにより代理店は苦しめられました(この話はいずれ...)

posted by T太 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 平成電電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

平成電電 みなし有価証券の半期報告書の提出時期との関連
Excerpt: yuzoyuzoyu-zoさんの、 「■■会計士の徒然なる破滅的人生学■■」 2005/10/13 「みなし有価証券」 にてご紹介いただきました、 ありがとうございます。 その中で触れられて..
Weblog: Grande's Journal
Tracked: 2005-10-14 02:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。